高度高所作業技術訓練 Technical Work at Height - Training Program (TWAH-T)

ホーム > 高所作業技術講習 > TWAH-T Tower & Structure (TWSW)

高度高所作業技術訓練
Technical Work at Height - Training Program (TWAH-T)™

TWAH-T Tower & Structure (TWSW)
所要時間:3日 / 1クラス最大:12人 / 開講可能人数:4人〜
対象:満18歳以上65歳以下の心身ともに健康な方で下記概要に記載される条件を満たした方
Tower & Structure
トレーニングの概要
本コースは、エキスパート向けの鉄塔やスタジアムのキャットウォークなどの特殊な高所作業環境下でのレスキュー技術を提供するカテゴリです。
手摺や作業床などが設置されていない鉄塔や構造物において、墜落事故が起きない対策が施せ、高度なロープワークにより、荷の搬入出や被災者の救助などに展開可能なレスキュースキルを習得します。

受講条件
高所での作業経験が2年以上あり、普通に活動が出来る方が対象で、下記のいずれかを受講及びその資格有効期間内の条件を満たしている事が必要です。
資格を有していても技術用件を満たす事ができない方には、事前にワークショップを受講頂く場合があります。

コースの主な趣旨とターゲット
  • 鉄塔(タワー)で作業をされる方
  • スタジアムなどのキャットウォークで作業をされる方
  • 上記環境で、墜落防止装置等の設置がない危険個所(範囲)で作業をされる方
  • 鉄塔並びにそれに付随する施設でレスキュー作業をされる方

コースで提供されるスキル

Tower & Structure (TWSW) コースでは下記の主なトピックがカバーされます。(一部抜粋)

概要

  • Tower & Structureについて
  • 日本の鉄塔、鋼管柱、電柱について

日本の墜落防止設備について

  • (常設) スカイロックレール
  • (常設) ワイヤーロリップ
  • (常設) 各種安全器
  • (仮設) 親綱式
  • (仮設) 巻き取り式
  • (仮設) キーロック式移動ロープ

Tower & Structureの作業技術

  • 作業用ロープの設置について
  • 高所への荷の上げ下ろしについて

タワークライミング

  • Wランヤードによるクライミング技術
  • アドバンスロープによるクライミング技術
  • リードクライミング技術

救助運搬用具の概要

  • レスキューハーネスについて
  • レスキューリッター(担架)
  • ロープへの結着方法

タワーレスキュー技術の習得

  • St Base トラベリングブレーキ(地上)
  • St Base トラベリングブレーキ(頂上)
  • St Base ソロレスキュー(確保)
  • St Base ソロレスキュー(宙吊り)
  • Gr Base シンプルロワー(エンドキャリー)
  • Gr Base スカートブロック(エンドキャリー)
  • 担架 (バイトキャリー)
  • スカートブロック (バイトキャリー)

このコースに関連したコース
このコースに関連したビデオ
この事例では、ロープの動線上に障害物がある環境において宙吊り状態で被災した作業員を、作業員の場所まで担架を運搬し担架に固定しレスキューを行う技術を紹介しております。
この事例では、安全帯+胴綱で作業をしていた作業員が被災し意識を失った環境で、作業員を救出し無事地面まで降ろす技術を紹介しております。

ライセンスの認定と再認定について

ライセンス有効期間
TWAH-T ライセンスの認定有効期間は2年間です。

高所作業技術や救急救命の技術は日々進歩しております。当社が講習中にてご提供した技術もいずれは古い知識となるでしょう。
そのため日々進歩する技術に合わせて当社の提供するプログラムも常にバージョンアップをおこなってまいります。
日々進歩する技術は「より安全に」に繋がる大切なものなのです。
よって、当社のご提供する高所作業技術のトレーニングプログラムは認定の有効期間を 「 2年間 」 とさせて頂いております。
ライセンスの有効期限の失効はお客様の日常業務に支障をきたすものではないかもしれませんが、 「 より安全に 」 という観点からお考え頂くと、それが重要なことになるのではないかと考えております。
「 より安全に 」 を第一にお考え頂き、当社トレーニングプログラムの受講とそのライセンス認定の継続するための再受講やワークショップへのご参加等で、常に最新の高度かつ安全な高所作業技術を得て日々の業務のプラスアルファとして頂ければと願っております。
Copyright (C) 2015 Onsight System Inc. All right reserved