高度高所作業技術訓練 Technical Work at Height - Training Program (TWAH-T)

ホーム > 高所作業技術講習 > First Responder (FR)

高度高所作業技術訓練
Technical Work at Height - Training Program (TWAH-T)™

TWAH-T First Responder (FR)
所要時間:1日又は2日 / 1クラス最大:12人 / 開講可能人数:4人〜
対象:満18歳以上65歳以下の心身ともに健康な方
First Responder
トレーニングの概要
本コースは、高所作業未経験者や初心者向けに、フルボディーハーネスを初めとする(個人用保護具-PPE)を使った自己の安全確保技術を1日で学べる初心者向けコースです。
従来の日本において行われる「安全帯・胴綱(ランヤード)」による高所作業の方法から、欧米で広く行われている高所作業の方法へ移行、もしくは初期導入検討の為には有益なプログラムです。

コースの主な趣旨とターゲット
  • 既存の安全帯からフルボディーハーネス(ワークポジショニングハーネス)への移行を考えられている方、あるは法人の管理者様
  • 高所における自己の安全確保技術の習得をされたい方
  • パラペットが低い又は手摺がないビル屋上などの端部で作業をされる方の安全確保技術を習得されたい方
  • 電柱などの柱上作業をされる方の安全確保並びに、ワークポジショニングの確立による作業性の向上を習得されたい方

コースで提供されるスキル

First Responder コースでは下記の主なトピックがカバーされます。(一部抜粋)

高所作業関連規則

  • 国内の労働安全衛生法の理解
  • 欧米の労働安全衛生法の理解
  • リスクアセスメントの理解
  • 作業計画の理解
  • レスキューについての理解

高所作業の安全3原則の理解と運用法

  • レストレインの理解
  • ワークポジショニングの理解
  • フォールアレストの理解
  • Never use Safety ZERO の概念の理解

個人用保護具の理解

  • ハーネスの種類と使用法の理解
  • ランヤードの使用と理解
  • カラビナの正しい理解
  • フォールアレスターについて

ロープについての理解

  • ロープの種類と特徴と運用について(スタティック/ダイナミックロープ)

アンカーポイント

  • 設置方法について(自己の安全確保に限定)

その他の資機材に関する理解

  • エッジガードの重要性

ノット(結び)の習得
ナイロンスリング

  • ウォーターノット
  • チェーンノット

ノット(結び)の習得
ロープ

  • フィギュアエイトオンアバイト
  • フィギュアエイトフォロースルー
  • フィギュアエイトベント
  • バウライン
  • クローブヒッチ
  • バックアップの取り方

アンカーポイント設営の習得

  • 自己の安全確保に必要なアンカーの設営
  • シンプル , 3バイト , etc

自己の安全確保の習得

  • 安全帯の使用方法
  • フルボディーハーネスの使用方法
  • ランヤードの使用方法
  • 危険個所への侵入方法
  • 柱上ワークポジショニング
このコースを受講された方の感想 (以前のFirst Responderコース)
初受講 男性
普段使用している機材(欧米の資機材)でも知らないことが沢山あり、自分が無意識に行っていた手段が危険な事であることに気付けた。
初受講 男性
安全帯での墜落(ぶらさがった状態)の大変さを体験できよかった。
初受講 男性
多少の機材は必要だが、金額や日数をあまりかけずに安全確保する方法があることがわかった。
初受講 男性
新しい発見や安全性があらためて確認できた。
初受講 男性
今まで安全に作業していたつもりでも、もっと安全にできる事がわかったので今後生かしたい。
自己の安全確保技術例ビデオ

ライセンスの認定と再認定について

ライセンス有効期間
TWAH-T ライセンスの認定有効期間は2年間です。

高所作業技術や救急救命の技術は日々進歩しております。当社が講習中にてご提供した技術もいずれは古い知識となるでしょう。
そのため日々進歩する技術に合わせて当社の提供するプログラムも常にバージョンアップをおこなってまいります。
日々進歩する技術は「より安全に」に繋がる大切なものなのです。
よって、当社のご提供する高所作業技術のトレーニングプログラムは認定の有効期間を 「 2年間 」 とさせて頂いております。
ライセンスの有効期限の失効はお客様の日常業務に支障をきたすものではないかもしれませんが、 「 より安全に 」 という観点からお考え頂くと、それが重要なことになるのではないかと考えております。
「 より安全に 」 を第一にお考え頂き、当社トレーニングプログラムの受講とそのライセンス認定の継続するための再受講やワークショップへのご参加等で、常に最新の高度かつ安全な高所作業技術を得て日々の業務のプラスアルファとして頂ければと願っております。
Copyright (C) 2015 Onsight System Inc. All right reserved