応急手当講習

ホーム > 応急手当講習 > コース(ChildcarePlus™)

MEDIC FIRST AID ® training programs
ChildcarePlus™

Childcare Plus

小児、乳児、成人のCPR、AEDとその他の応急手当て

所要時間:1日 / 対象:小児、乳児、成人

トレーニングの概要

MEDIC FIRST AID ® のチャイルドケアプラス ™ は、小児、乳児、成人のCPR(心肺蘇生法)とAED(Automated External Defibrillator - 自動体外式除細動器)とその他の救急法をカバーし、親や祖父母はもとより、学校施設、保護者、スポーツ・コーチなど、子供たちの健康上の緊急事態に対応しなくてなならない人々に最適な講習プログラムです。

「時間を忘れて取り組める」と習得効果が実証されているMFA独特の「見る、聞く、実行する、話す、感じる」学習法で、事故や病気から子供たちを守るためのスキル習得におおいに有益なものとなるでしょう。

コースの条件と構成

[受講対象]

お子様と接する親・祖父母、学校施設の関係者や保護者、スポーツ現場のコーチなど、お子様の健康上の緊急時に対応しなくてはならない人々

[クラスのサイズと人数比]

指導者1名に対し受講者最大12名まで

1クラスの最低構成員数は3名以上(当社の場合)

1クラスの講習の最大人数は2名のインストラクターで24名まで

当社ではAED訓練器を 3 台 、練習用人形を 4 体 用意しております。

[受講者用教材・修了証]

受講生ガイド

ポケット・スキルガイド

救急計画

実習用品セット(人口呼吸用バリア、保護用手袋、包帯、ガーゼ、ジップロック袋)

コース修了カード

チャイルドケアプラス・コースのバージョン7の教材は、医学ガイドライン2010に準拠しています。

[スキル実習]

小グループに分かれて基本的なスキルの練習をします。許す限りの時間を最大限に使ったスキル練習は、受講される皆様にとって受講後も長く記憶に残る学習体験となります。

[評価方法]

妥当なレベルでスキルを実行できる能力がついたかを担当のインストラクターが観察します。通常は筆記試験はありませんが、受講者側の職場の規則などによる必要性がある場合には、スキルと知識の検定を行うことも可能です。

チャイルドケア・コースで習得いただける内容

下記のトピックがカバーされます。

応急手当プロバイダー

  • 応急手当てプロバイダー
  • 法的な側面
  • 緊急事態に気づき、助けようと決める
  • かかわる人の安全
  • 救急医療サービス(EMS)
  • 突然の心停止

  • 呼吸器系と循環器系
  • 突然の心停止と早期除細動
  • 蘇生の連鎖
  • 基本的なCPRスキル

  • 胸部圧迫
  • レスキュー呼吸
  • 初期の評価 - 意識不明の子ども
  • 生命を支えるための
    基本スキル(BLS)

  • 意識不明、呼吸あり - 回復体位
  • 意識不明、呼吸なし - CPR
  • 自動体外式除細動器(AED)
  • AEDの基本的な操作
  • AEDのトラブル解決とその他の注意事項
  • 異物による気道閉塞

  • チョーキング - のど詰まり
  • 応急手当ての評価

  • 初期の評価 - 意識がある子ども
  • 二次評価(オプション)
  • 重傷の手当て

  • 出血のコントロール
  • 止血帯(オプション)
  • 内出血
  • ショックの管理
  • 頭、首、または背中のケガ
  • 四肢の腫れ、痛み、変形
  • 副木(オプション)
  • 軽いケガ

  • 軽いケガ
  • 熱傷(ヤケド)

  • ヤケド
  • 化学物質によるヤケド
  • 電気的なヤケド
  • 顔のケガ

  • 目に入った物体
  • 目に入った化学物質
  • 鼻血
  • 歯のケガ
  • 急病の手当て

  • 突発的な病気の警告兆候
  • 意識レベルの変化(意識障害)
  • 脳卒中
  • 糖尿病の緊急時
  • けいれん発作
  • 呼吸困難、息切れ
  • ぜんそく
  • 定量薬品吸入器*
  • ネブライザー*
  • 激しいアレルギー反応
  • エピペン自己注射器*
  • 胸の痛み、激しい圧迫感や、不快感
  • 激しい腹痛
  • 中毒

  • 飲み込みによる中毒
  • 吸い込みによる中毒
  • 咬み傷と刺し傷

  • 咬み傷と刺し傷
  • ヘビの咬傷
  • クモの咬傷
  • 刺す虫( 虫さされ)
  • 人間や動物による咬み傷
  • 環境による緊急時

  • 熱疲労
  • 熱射病
  • 低体温症 (ハイポサーミア)
  • 凍傷
  • その他の注意事項

  • 緊急移動
  • 精神面の考察事項
  • 個々の問題の応急手当て
    (すべてオプション)

  • 切断*
  • 刺さった物体*
  • 開放性の胸のケガ*
  • 開放性の腹部のケガ*
  • 妊娠の合併症 *
  • ダニの咬み傷*
  • 海の動物による刺し傷*
  • このコースを受講されたお客様の声

    他団体講習経験者 - 女性
    ひとつひとつ丁寧に教えて頂いて詳しく知ることができたので、もしもの時には生かせていければいいなとお思いました。ビデオも説明もわかりやすく、質問もその場ですぐに答えて頂けたのでよかったです。
    再講習 - 女性
    今回も大変分かりやすく受講させて頂きました。これからも助ける意識で何かがあった時には勇気を持とうと思います。
    初受講 - 女性
    講習前はCPRで生存率が上がる知識はありましたが相手に害を与えてしまうという不安がありました。
    今回の講習で100%することよりいかに早い対処で70%でも80%でも力を注げたらという話を聞き、直面することがあれば素早い対応ができたらと思いました。

    パンフレットのダウンロード

    詳しいパンフレットはこちらPDFファイルのダウンロードよりダウンロードできます。


    Acrobatダウンロード

    ※PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。ダウンロードは左のアイコンをクリックしてください。

    Copyright (C) 2015 Onsight System Inc. All right reserved