「可部の壁」 施設利用規約 (ご利用にあたってのご注意)

施設について

当施設は、ボルダリング・スポーツクライミングの施設です。ボルダリングとは、フリークライミングの一種で2mから4m程度の岩や石を「確保無し(ロープなし)」で登るスポーツです。

当施設は高さ約4mの壁を設置し着地するために厚さ約30cmのマットを敷き詰めておりますが、これは着地する際に衝撃を和らげるためのものであり、全ての墜落に対応しているわけではありません。着地する際は「必ず下に人がいない事」を確認し、足から安全な態勢で着地してください。

また、ルート中の他者との接触にも十二分に注意し、利用者同士が譲り合いの心を持って、事故の無いように利用してください。

その他、営業日中であっても、当社の講習やそれに伴うご予約の団体様が居られる場合、一般の方のご入場をお断りさせて頂く事もありますので、ご了承ください。

クライミング(ボルダリング)の危険性について理解してください

クライミングは必ずしも安全ではなく、「死」をも含む危険性が潜んでいます。クライミングをする者(以下、クライマー)は危険に対する自己意識をもち自分自身を危険に対してコントロールしなければなりません。

クライマーは常に危険を意識し、他人任せでは無く自分の身は自分で守るということを前提にクライミングを行う必要があります。

クライミングにおける危険は子供であろうが大人であろうとも、関係なく訪れるものであり、それを無くすことは出来ません。

言い方を変えれば、初心者であろうともエキスパートであろうとも、危険は等しくあるということを、クライミングする前に十分に理解してください。

施設内での危険性について理解してください

危険性の高いものとして下記について理解しておいてください。事故の規模は一概に計れませんが、全ての事象について死亡事故に繋がる可能性を含んでいます。

  • 墜落時及び飛び降りた時における着地の失敗。

  • 墜落時及び飛び降りた時に下にいる人との接触。

  • 壁の中(ルート上)での他利用者との接触。

  • ホールドの回転・破損や壁の破損による事故。

  • 火災、地震、水害など建物の崩壊による事故。

  • クライミング中の身体の酷使による事故及び障害。

  • マットとマットの隙間に着地するとねんざ等思わぬケガをする場合があります。

  • ロープ用アンカーに指をかけ、指の切断などの事故。

  • etc…

その他禁止事項・注意事項

  • パウダーチョークのご利用は禁止させて頂いております。液体(リキット)チョークをご利用ください。

  • クライミングマット上でのご休憩等は危険ですのでおやめください。

  • ロープ用のアンカーには絶対に指をかけたり掴んだりしないでください。指切断の可能性があります。

  • ホールドを留めているボルド穴に指をかけないでください。指が抜けなくなったり怪我をする可能性があります。

  • 補助目的以外で、ボルダリング中の他の利用者の下へ入らないようにしてください。(ウォール下のマットは墜落緩衝用です)

  • 周辺地域の方々に迷惑になるような大声や音を出さないでください。

  • 「可部の壁」の駐車場は指定箇所のみです。(詳しくはお問い合わせください)そのほかの場所や路上駐車、近隣周辺施設への駐車は厳禁です。また夜間の車のエンジン音、ライトの方向等もご配慮ください。

  • 施設前面の道路は時間帯によって交通規制があります。
    17:30〜19:00 県道267号側からの侵入ができません。河川敷側より進入してください。
    06:30〜08:30 河川敷側からの進入ができません。県道267号側より侵入してください。

  • 夜間は静かにお願いします。施設内であっても、午後7時以降は大声や奇声は控えてください。また、夜間は施設外での携帯電話の使用はご遠慮ください。

  • 施設内外での喫煙はご遠慮ください。喫煙は決められた場所でお願いします。

  • 施設周辺でたむろしないでください。その他、ご近所の迷惑になるような行為は厳禁とします。