ロープ高所作業 みなさんの現場で開催します!

2016年3月26日 22:59 comment(0) [高所作業]


みなさん、春がきました!

この時期は、別れや出会いの季節です。
新しい出会いに「ワクワク」しますね。


本年から、ロープ高所作業「特別教育」の講習を開催致しておりますが、

各界から様々な問い合せにバタバタ致しております。

お問い合せ下さったみなさま、この場を借りて心より御礼申し上げます。


今年に入って、様子見のお客さまから、具体的な問い合せを頂くようになりました。

中でも、「現場で開催して頂けないか?」と多く尋ねられます。

そりゃ、受講される方の交通費や滞在費って結構高く付きますものね。


そこで わたくし、考えました。

この事務所へみなさんにお越し頂くのがベストなのですが、
実際の業務をされている現場の方が良ければ「現場に行きます。」

ロープアクセス系でも、のり面作業系でもお任せください。

当然のことですが、産業用です。
弊社は10年以上の実績がございます。

資機材を持って、車で直接みなさんの現場まで行って特別教育を行います!


座学4時間以上、実技3時間以上の規程が有るので、仮設ハウス等が必要です。


費用に関しましては原則として、お見積りさせて頂かなくては正確には出ませんが、

・出張講習として、受講人数が4名様より開催致します。

・4名〜7名、8名〜11名、12名〜15名、16名〜で移動費用や滞在費用等を割り引きます。

・出張エリアは中・四国、九州と近畿地方の一部。(ご相談ください。)


移動費用とは
・高速道路代金:普通車通常料金
・車両代金  :距離に比例した弊社規程料金

滞在費用とは
・現場近隣の標準的なビジネスホテル1泊2食付の料金




恐らく、各地を飛び回る事となるでしょう。

なるべく近隣地域で開講させて頂きたいと思いますので、
日程の調整ために、余裕を持った日付でお問い合わせ頂くと、大変うれしいです。


ロープ高所作業「特別教育」に関する施行期日が
平成28年7月1日からとなっており、直前では込み合う可能性がございます。

早めの

お問い合せ

を宜しくお願い申し上げます。


Facebook

もございます。


イメージ

ロープ高所作業「特別教育」修了者の感想

2016年3月1日 17:35 comment(0) [高所作業]


早めの投稿になります。

広島の名残り雪にしては結構積もりました。
ちょっとびっくりです(^O^)

先日、急遽第2回ロープ高所作業「特別教育」を開催いたしました。

今回は、ビルクリーニングの方、ロープ救助の先生、消防の隊長の方が受講されました。

業界では著名な方です。


一つ前のコラムに掲載しているお客さまで、当社をお選びくださった方の感想は、

「確かな講習でした」
「建設現場の事、良く分かっておられますね」
「新しい資機材は慣れれば安全ですね。買おうかなぁ」
「ホントじゃ、ブランコの取り方が違うんですね」
「エイト環下降途中に手を放しても墜落しない方法が有るんですね」
とのお喜びの言葉を頂戴いたしました。
最後に
「みんなに自信を持って勧めます」と。

大変ありがたいことです。


ロープ救助の先生と消防の隊長さんは、安衛法の改正による「特別教育」が業界にどのような影響が有るのかをご思案されているタイミングで声を掛けて頂いて開催予定に乗られました。

釈迦に説法的な部分もございましたが、講習内容には、

「建設業界での労働災害に対する取り組みが分かりました」
「クリーニング業界、建設業界の現状の技術が分かりました」
「今回の法整備に至る経緯がよく分かりました」
「ロープアクセス系の正しい考え方は消防には無いので勉強になりました」
「海外で学んだ知識が良く咀嚼されていて大変解り易かったです」
「そのやり方、良いっすね」
とのお言葉を頂きました。

非常に嬉しいお言葉です。

そんな話をしながら、他の機関が発行している本件の講習テキストをみんなで複数冊比較して確認しましたが、

当社のテキストと指導内容の方が「よりためになる」と全会一致
(社交辞令ではなさそうでした(笑))

そりゃそうですよ。この講習に特化したものを1から作ったんですから。。。



ロープ高所作業に関しては消防の方も色々とご検討されているようです。
この1週間で北から南からと、四署の方とお話をいたしました。

出来る限りお手伝いさせて頂きますので、
お気軽に

お問い合せ

下さい。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


カレンダー

2016年 03月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

ABOUT

Onsight System inc.

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

リンク

フィード