IRW&STRW

2014年11月26日 15:47 comment(0) [Rescue]


久しぶりの投稿です。

先日、アメリカに修行に行ってまいりました。

いつものように

「Ropes That Rescue」

のRescueTraining です。

今回の受講コースは
・Industrial Rescue Workshop(IRW)
・Structural Tower Rescue Workshop(STRW)
の2コースです。

これまでと違って、日本人は私と当社従業員で母親がアメリカ人と云う
ハーフのJohn君の二人。

他はニューヨーク、シアトル、オレゴンといった全米各地の消防士や警察、
カナダ人の民間救助会社の方。
(みなさん、ゴツい方でした。)

両コースとも日本人の受講生は初めてだそうです。


まず、IRW。

最近多くの消防署に配備されているフレームをいろんな現場で
実践使用しました。

当社も1セット所有していますが、様々なバリエーションを考えると
もう2セットくらい欲しくなりました。

実は、このコース中に新しい「ノット」(結び)が誕生いたしました。

Reed Thorne先生も結構お気に入りなのですが、色々と検証してみたいとの事で
公開を少し見合わせるように念押しをされました。

学ぶ度に進化を感じています。


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンターで座学


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンターで座学


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンターでスキルトレーニング


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンターでスキルトレーニング


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンターでスキルトレーニング


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンター訓練塔


イメージ
プレスコット消防、トレーニングセンター訓練塔


イメージ
プレスコット、イベントセンター、天井キャットウォークから


イメージ
プレスコット、イベントセンター、天井キャットウォーク


イメージ
プレスコット、イベントセンター、天井キャットウォーク


イメージ
プレスコット、イベントセンター、天井キャットウォーク


イメージ
プレスコット、イベントセンター、天井キャットウォーク


イメージ
プレスコット、イベントセンター、非常階段救助


イメージ
ジェローム消防、スキルトレーニング


イメージ
ジェローム、築100年のホテル、EVシャフト救助


イメージ
ジェローム、築100年のホテル、EVシャフト救助


イメージ
プレスコット、ワトソンレイクダム


イメージ
プレスコット、ワトソンレイクダム


イメージ
プレスコット、ワトソンレイクダム


イメージ
プレスコット、ワトソンレイクダム


イメージ
プレスコット、ワトソンレイクダム


イメージ
プレスコット、ワトソンレイクダム


続いてSTRW。

今回SPRATのロープアクセス技術を本コース外ですが教えて下さいました。

と云うのも、このコース全員で4人という人数で非常に有意義なコースとなったのです。

(訊き放題、学び放題、やりたい放題、、、みたいな)

当然ベーシックな部分もしっかり実践するのですが新しいことが少なかったです。

言葉を返せば、「Tower Rescue」の技術は既に確立されていると言えますね。


当社でもトレーニングしている技術ばかりなので、

Reed先生から
「Bayashi!(私の通称)君は全てが分かっているね!」
「君は既に卒業しているよ!」

とのお言葉を頂き、嬉しいような寂しいような。。。


イメージ
セドナ消防、訓練塔


イメージ
セドナ消防、通信鉄塔


イメージ
ジェローム、炭鉱掘削塔


イメージ
ジェローム、炭鉱掘削塔(私の背後の荷台にGUN(ガバメント)が放置されています)


イメージ
ジェローム、炭鉱掘削塔


イメージ
セドナ消防、通信鉄塔(携帯3事業者が消防の鉄塔に供架しています)


イメージ
セドナ消防、通信鉄塔


イメージ
セドナ消防、通信鉄塔(LSP Halfback?)


イメージ
セドナ消防、通信鉄塔(担架救助)


イメージ
受講修了証書


全てのカテゴリーを終え、Reed先生のお宅に招かれての懇談。

日本の「Tower Rescue」の現状を尋ねられ、たくさん話し合いました。

・アメリカでも送電事業者の事故は非常に稀であるが、通信での事故は大変多い。
・君たちは、高所作業を行う「産業界」でもっと多くの指導を行わなければならないね。
・私(Reed先生)は指導者を相手に救助技術を教えている、帰国したら皆に指導しなさい。

とのお言葉を頂戴いたしました。


これからも、皆さんの為に頑張ります。



カレンダー

2014年 11月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

ABOUT

Onsight System inc.

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

リンク

フィード