安全帯は本当に安全?

2008年6月30日 01:50 comment(0) [高所作業]

いつもコラムをお読み頂き、ありがとうございます。

先日、墜落事故の事例を調べておりました。

建設現場での、足場からの転落・墜落事故の事例が
沢山出ていましたね。

いずれも、「安全帯」を着用していたのに
正しく使用していない為に事故に遭った模様でした。

結果的に
・作業者の怠慢や安全意識の欠如
・元請け、下請けの管理体制の不備
・TBM−KYの形骸化

と云う一般的なコメントで括られて終わっておりました。


もう一歩踏み込んで考えてみましょう。

「なんで、その被災者はルールを破ってまで「安全帯」を
 正しく使用しなかったのか?」

確かに、上記に記載したような「怠慢や欠如」は有ったでしょうが

それ以外に、「それをしない方が良い」と思える理由が
被災した本人には有ったのかも知れません。

・フックを掛ける場所が無かった、遠かった
・足元にしか掛ける所が無く、それだと意味が無いのでしなかった
・移動が頻発するのでめんどくさかった
・「安全帯」の有効性(安全性)を知らない(信用していない)

当社の「高度高所作業訓練」では上記の大半の問題点を払拭し

「技術に裏打ちされた安全な作業姿勢」の提案を提供できます。


前置きが長くなりましたが

「安全帯」ってなんでしょう?

ただの幅広のベルトに、少々では切れそうにないロープとフック
が付いているだけの物も「安全帯」って言われていますよね。

それを着用している監督さんを見かけますが、足場を歩いている時って
何処にも掛けていませんよね。(掛けると移動出来ないから)

安全ではない状態に陥っているにもかかわらず、
あるいは、危険な状態になるのに「安全帯」って変ですよね。
「安全帯」って云うネーミングがいけないような・・・

「何が言いたいの!」って思われますよね。

当社はこの状態を「Safety ZERO」の状態と云い、
“あなたは何にも守られていはい状態です”と云う事を認識してもらいます。


Never use 「Safety ZERO」の概念

と呼んでいますが、当社では「高度高所作業技術訓練」の講習を通じて
この概念を、しっかり学んで頂きます。


当社は、鉄塔であれ、電柱であれ、建築現場であれ、
安全な作業環境をみんなで築いて行きたいと思います。


長い文章になってしまいましたが、
最後までお読み下さって、ありがとうございました。

高度高所作業技術を一部見学公開

2008年6月20日 02:13 comment(0) [高所作業]

 

いつもコラムをご覧いただき、ありがとうございます。


前回の投稿で土曜日講習を特例で開催する旨をお伝えしましたが、

以前から見学の希望をされている方に見て頂こうと思います。

それに伴い、さらに見学を希望される方を募集致します。

今の予定では
7月5日(土)午後を考えております。


公開出来るスキルは、現在検討中ですが、

実技の一部が可能かと考えております。
(柱上作業と塔上からのRescueの一部程度)

安全担当の方や、高所での作業の多い方の希望を
お待ちしております。

※全員の方から「目からウロコ」が落ちたと
     云わせる講習を実感して頂ける事と思います。
 
(撮影行為は講師、受講者の許可を必ず取って下さい。)
(ビデオ撮影は厳禁ですので、宜しくお願い致します。)

あまり広い場所ではない為、多人数では困るので、
事前にお問い合わせ下さい。(先着15名様程度?)


宜しくお願い致します。


 

4日講習について

2008年6月5日 23:23 comment(0) [高所作業]

いつもコラムを読んで頂きありがとうございます。

昨年、トライアルの時に受講頂きました企業様より要望がございました。

その会社は造船所構内での大型クレーンなどの設置や、
船舶の電気設備の設計・施工をされているそうです。

「うちの若い衆(社員)を受講させたいのですが、
     業務があるので2〜3人づつ受けさせたい。」
「それでも、4日間は正直やりくりが大変です。」
「なんとか若い衆を鍛えてもらえないかなぁ。」


その企業様には、大変お世話になっていますので、
変則的ですが対応策を提案させていただきました。
(ただ、4日間を縮める事はスキルが下がるので無理です)


1)救命講習とを切り離して開催
  (3か月以内で全課程を修了して頂く前提で)

2)救命講習を土曜出勤日にそちらの会社に伺い開催
  (高度高所作業訓練受講対象者以外の方の受講も可能)

3)高度高所作業訓練を土曜出勤日(3回分割)に出来るように別日程を調整
  (開催場所は弊社の施設)

4)コース参加人数による割引料金設定を、その企業様での参加人数にて適用
  (受講費用のコスト低減)

現在、日程の調整中です。


みなさんも、ご希望などございましたら気軽にご相談ください。
(弊社は電話の場合、トーキーが受信した後、
      折り返しご連絡を差し上げるシステムとなっております。)

カレンダー

2008年 06月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

ABOUT

Onsight System inc.

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

リンク

フィード